財産の運用や税の対策方法はお得な情報となる

賃貸経営で役立つ

家賃保証を利用するメリット・デメリット

不動産投資は、いくつかの種類があり、その中で良く知られるのがマンションやアパート、またはテナントビルなどを作って入居者から家賃を得る賃貸経営です。しかし、賃貸経営では管理業務の煩わしいことや空室が多いとそれだけ賃料が入らず経営が苦しくなるリスクがあります。 それらのリスクを回避するのが一括借り上げの家賃保証です。これは不動産会社などに建物を借り上げてもらい、不動産会社から家賃収入を得るというもので、直接マンション・アパートやビルの経営をする必要がありません。この管理をしないというのが最大のメリットです。 一方で最大のデメリットは建物に関しては建物の所有者が行う必要があり、修繕費や補修費は所有者が負担することになります。また家賃保証がされているとはいえ、その得られる収入は直接、経営をしているよりも減るというデメリットがあります。

リスク回避のための取り組み

一括借り上げによる家賃保証のメリットは、管理業務が必要なくなり、また空室の有無に関わらず安定した家賃収入を得られるというもので、空室による減収のリスクを回避することができます。この点は建物を作るために借入れた借入金を返済していくのに有益で、空室が増え減収し借入金の返済が間に合わず赤字になるリスクが回避できます。 しかし、一括借り上げでは家賃保証しか魅力がなくデメリットとしては、その管理費用が高いという点や、将来的に賃料の見直しが行われる場合があります。特に大きいのが建物の修繕費は所有者が負担しなければならないという点です。このため家賃保証を利用していても将来に発生するであろうリスクに備える必要があります。